月別アーカイブ

■ 近頃のこと

2017/05/21

リンと柏とアケビの花

ずっと十二支の面を作っていたら、胴体まで彫れないことに対するフラストレーションのようなものが湧き上がってしまったのです。以前、菱田春草の『黒き猫』を平薬にしようとしたものの、黒猫があまりにふ
... [ 続きを読む ]
ページトップへ
2017/05/08

十二支の面作り その③

すっかり制作意欲が萎えてしまった十二支の面(おもて)制作でしたが、厚さの違う2枚の板を6.5cm四方に切って貼り合わせ、面を彫るばかりにしたのがもう一つ残っていたので、せっかく用意したのだし
... [ 続きを読む ]
ページトップへ
2017/04/30

十二支の面作り その②

あれから、亥(いのしし)➡未(ひつじ)➡酉(とり)と進んだのですが、酉にあれほど難儀しようとは予想もしませんでした。かつて家には、鶏もチャボもいたのです。チャボを飼っていたのは祖母でしたが、
... [ 続きを読む ]
ページトップへ
2017/04/23

十二支の面作り

丸平さんで作られる本狂い人形とは、御所人形のような大きな頭に三頭身ほどの胴体をつけて衣裳を着せた、いわば衣裳御所というような人形です。通常の人間のプロポーションで仕立てられるものを本行物(ホ
... [ 続きを読む ]
ページトップへ
2017/04/21

魅惑の日光箒(にっこうぼうき)

もう何年前になるでしょうか、ほんの気紛れだったのですが、長い間掛けっぱなしにされていた昔ながらの座敷箒を使って畳の部屋を掃いた時、一瞬にして座敷箒の虜になってしまったのです。以来、朝の掃き掃
... [ 続きを読む ]
ページトップへ
2017/04/11

流水桜橘の薬玉

桜橘を一つの薬玉に散らす薬玉の制作は二度目なのですが、直径20cmとはいえど、球の表面積を埋め尽くすパーツは思いがけないほど沢山で、しかも最も手間の掛かる桜がメインですから、内心では依頼に後
... [ 続きを読む ]
ページトップへ
< 1  2  3  4